google-site-verification: googleaccb3b782b15c064.html 交通事故に遭わないための方法 google-site-verification: googleaccb3b782b15c064.html
fc2ブログ

交通事故に遭わないための方法

交通事故対策
今日から交通事故の事についておしゃべりして行こうと思います
?「交通事故はどうして起こるのか」
それは先ずスピードが出すぎているのに
「なにが起きても避けられる」、「止まれる」と思っているからでしょう。
次は、交差点で徐行しないで進入し、
双方とも気付いた時には避けきれないで衝突してしまうから。
もう一つに、夜の運転や雨の中の運転は視界が狭くなり、
距離感も鈍って見えづらく、前方不注意で道路を横切る歩行者を見落とすから。
歩行者から車は見えていても、車から歩行者は見えていません。
大きく分ければ以上三点を用心注意して、便利な道具「自動車」を
操縦すれば少しは交通事故に遭わなくて済みそうです。


?「スピードと停止距離について」
皆さんは高速道路で車間距離を考えて走行していますか?
なぜ時速90kmで先行車の後ろに連なって走るのでしょうか?
もしかしたら車間距離も通常道路と同じ10m位でしょうか?
私は最低50m程無いとリラックスして運転できません。
空走距離と制動距離、これは運転免許を取得するときに勉強したことですが、
危険を察知してからブレーキを踏んで効き始めるまでの走行距離と、
ブレーキが効いて停止するまでの距離のことです。
通常の道路で(高速道路も同じですが)時速50kmの場合で、
空送距離:約11m
制動距離:約14m
危険を感じてから停止するまで何と25m。
これが時速90kmの場合、
空送距離:約19m
制動距離:約46m
危険を感じてから停止するまで何と65m。
先行車は目の前を定位置で走行していて、
いつまでも車間距離は一定に保たれているように感じ、
ついついスピードを出して走行している事を忘れてしまいます。
時速90kmで連なって走行していると、10m位の車間距離では…怖いですネ〜


(次回は交差点での事故についてお喋り予定です)

関連記事
スポンサーサイト



記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック